妊娠初期症状ブログ

基本的に妊娠による体の変化は、生理予定日の後の一週間ぐらいで出てきます。妊娠初期症状ブログは妊娠初期症状からの出血、腹痛などの症状を詳しく紹介しますから、自分が妊娠するかどうかなどのことを疑う女性にぜひオススメブログです。

風の妊娠初期双晶中の落葉

Posted on 15 3月, 2016 in 未分類

2011年遼寧大学入試は満点の作文:風の中の落葉

秋風が再び私の身の回りに来て、ぼんやりしているに吟行こう、そろそろ行かなきゃ.彼女は私の前に行くと、漂う.

今回は純白の聖地、妊娠初期、ここは死神の地域–病院.は1の間で手術室を見て、私を経て十数時間の手術、医療従事者は非常に疲れきって、そしてから準備して傷を縫い合わせる.驀地、ずっとそばで慎重に履行する自分の仕事の女性アシスタント突然道:“など、医師たちが一枚のガーゼを出して!」執刀医の回答:“できないで、私はすべて取り出し!」いや、はっきり覚えています私たちは十元ガーゼのだが、ここは10元!でたらめを言うな、すぐに傷を縫い合わせる!執刀医は断固として.だめ!その助手の目に迸る驚異の火花、私は病人に責任を負って、私はあなたを縫合!執刀医の好きな彼女を見ていて、手を広げて、手のひらにやって来てはひとつのガーゼ、あなたの表現は称賛に値する!医者といったように、それを見て、私の頷く.

秋風を持って旅に到着、美しいテン池.私は隠れて岸辺の中、見たあの執着の老人,.この美しい湖には彼の精神の母親は彼の命.暴利をむさぼる者がここに来て、彼の大切な水を破壊した時、彼は怒った、勇敢に立ち向かって、知り合いの人のアドバイスを慰められなくて、悪徳商人のめった打ち止められない彼は、関連部門の冷たいより洗えない滅彼は母親奮闘抗争の怒りに燃えるように、彼は蝋燭をよそに、自分の安否が奔走する.ついに、テン池静まっ美しい、水鳥が群れ、さざ波.私が震えました!

一人、外部の影響がない、自分を堅持して、自分の魂を歩いて一生はどんなに美しいと光り輝く!自分の魂を外部復雑にわずらわさたり、多美のあこがれと敬服、秋風が私を連れて飛んだの塀の上部分の上にいくつの棒、葦が揺れる.私が空しく生出株はそれらに対して蔑視した株も、悲しい、私もなく流されてしまう、木の葉がありますか?

大樹が、私の目に映る進され、風に巻き込ま遠ざかる一瞬、私は彼に大きな声で質問して:“あなたは、なぜこんなに固め!」大樹の回答が漂ってきて:“私は神も悪魔を選択しないで、2者は壁は私の道を妨げ、まさか私は1つの壁を交換別の壁」

p>私は今生<不確かな落ち葉、来世、私は堅い木!

> > >;;更に多く2011年の大学入試のエッセイ満点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です