妊娠初期症状ブログ

基本的に妊娠による体の変化は、生理予定日の後の一週間ぐらいで出てきます。妊娠初期症状ブログは妊娠初期症状からの出血、腹痛などの症状を詳しく紹介しますから、自分が妊娠するかどうかなどのことを疑う女性にぜひオススメブログです。

妊娠超初期について

Posted on 25 7月, 2016

吐き気、腰痛、生理のような出血は、もしかしたら妊娠している可能性もあります。特に生理不順の場合、妊娠初期は気付きにくいといわれています。思い当たる場合は、妊娠を疑ってもいいかもしれません。妊娠初期は禁煙・禁酒はもちろん、食生活も気を付ける点がいくつかあります。気になる妊娠初期症状のまとめと注意すべき点を総まとめしました!しかし、腰痛や眠気・下痢・違和感のある生理痛など、いつもと違う体の異変は、もしかすると妊娠超初期の症状かもしれません。

 

妊娠超初期の症状とは妊娠してからみられる「妊娠初期症状」より、もっと前に体にあらわれる小さな変化のことを指しています。厳密に医学的な言葉ではないですが、「妊娠検査薬で陽性が出る前」に起こる体の変化を指すことが多いようです。

 

それでは、妊娠超初期の症状はどんな症状がありますか?「実際にこんな症状がでた」という体験談を元に、よく見られる妊娠超初期の症状を14つのタイプにわけて紹介します!

 

1.微熱が出たようなだるさが続きます。

2.頭痛がします・頭がズキズキします。

3.肌荒れ、ニキビができます。

4.いつもはない眠気が襲ってきます。

5.胸やお腹が張っています。

6.頻尿や下痢、トイレが近くなります。

7.生理日前なのに出血しました。

8.おりものがいつもと違います。

9.基礎体温が不自然に変化します。

10.匂いに敏感になります。

11.唾液や鼻水が増えます。

12.下腹部・腰に痛みがあります。

13.胃がムカムカを感じます。

14.好みを変化します。

 

もし好みに変化が出てきたら、自分の食べれるものを食べれるだけ食べるようにしましょう。栄養を気にする方もいますが、もちろんバランスよく食べれることに越したことはありませんが、妊娠超初期の段階でそこまで栄養については気にしなくても大丈夫です。

しかもレビトラは早漏を改善できると言われていますので、勃起不全、性欲低下、早漏、勃起障害などの男性性機能障害がある男性にとってまさか救世主ではありませんか。

Comments are closed.