妊娠初期症状ブログ

基本的に妊娠による体の変化は、生理予定日の後の一週間ぐらいで出てきます。妊娠初期症状ブログは妊娠初期症状からの出血、腹痛などの症状を詳しく紹介しますから、自分が妊娠するかどうかなどのことを疑う女性にぜひオススメブログです。

妊娠初期の注意点

Posted on 22 12月, 2015

タバコをやめる

妊娠が分かったら、すぐにタバコは止めましょう。ニコチンが血流を妨げるため、流産、早産、前置胎盤、胎盤早期剥離、不正出血、発育障害の危険性が高まります。副流煙もダメです。

アルコールをやめる

アルコールを毎日飲むと赤ちゃんの中枢神経に影響を与えたり、胎児性アルコール症候群の危険性が高まります。

しかし、実際に胎児に影響があるのは、栄養を送る働きが始まる妊娠4ヶ月からとも言われており、妊娠発覚前の飲酒に関しては実際には問題はないとされています。不用意に不安になる必要はありません。

ビタミンAの過剰摂取は禁止

サプリメントでミネラルや鉄分などの栄養素を摂取することは問題ないとされていますが、妊娠初期でのビタミンAの過剰摂取は、奇形が起きるリスクが高いと言われています。

重いものを持たない

妊娠初期は流産しやすい時期。重い荷物などを持つとお腹に負担がかかり、流産する可能性が高まります。妊娠発覚後は重いものを持つことは避けてください。

水分をしっかり摂る

つわりの状態を尿の色の濃さで判断できるため、妊娠初期は水分を十分に採ることが大切。水分を摂っても尿の色が薄くならない場合は「妊娠悪阻」の可能性もあるため、その場合は専門医に相談をしてください。

葉酸を摂る

葉酸は、赤ちゃんの脳や神経を作るのにとても大事な栄養素で、二分脊椎などの神経管閉鎖障害のリスクを軽減することが分かっています。葉酸は、ほうれんそう、ブロッコリー、アスパラガス、イチゴ、納豆などに多く含まれています。毎日摂取するよう心がけましょう。

現在でも、匂いの成分が異性を惹きつけると言われる「香水」などは、気軽に使える媚薬として、まだまだ私たちの周りに多く存在しています。

Comments are closed.