妊娠初期症状ブログ

基本的に妊娠による体の変化は、生理予定日の後の一週間ぐらいで出てきます。妊娠初期症状ブログは妊娠初期症状からの出血、腹痛などの症状を詳しく紹介しますから、自分が妊娠するかどうかなどのことを疑う女性にぜひオススメブログです。

妊娠初期の体に良く食材おすすめ

Posted on 19 10月, 2017 in 未分類

妊娠すると、体に様々な変化が起こります。今まで大好きな食べ物が嫌いかもしれません。特定の食べ物ばかりを欲するなど、食欲にも変化が妊婦さんは少なくありません。そこで今回は、妊婦さんはどのような食材を摂れば良いのか、ここでいくつかご紹介していきます。

緑黄色野菜

緑黄色野菜には、妊娠中だけでなく普段から健康的に過ごすために必要不可欠なビタミン類や葉酸、鉄分、食物繊維、葉酸、カルシウムなどが豊富に含まれています。旬の時期は栄養価高くなるので、季節の野菜を積極的に取り入れるといいですね。特にモロヘイヤ、ほうれん草、春菊にはお腹の中の赤ちゃんの成長を促し、授乳中には母乳作りのサポートをしてくれる葉酸がふんだんに含まれています。血液の流れを良くして体を温める作用があるビタミンE、ビタミンEと一緒に作用することで免疫力アップを助けてくれるかぼちゃも、妊婦さんと赤ちゃんの健康を支えてくれますよ。

生よりも、加熱してかさを小さくしたほうがたくさん食べられます。さっぱりいただける温野菜サラダや、汁に溶け出した栄養も摂取できるスープや味噌汁がオススメです。

海藻類

海藻には、鉄分やカルシウム、食物繊維が多く含まれています。ひじきや青のり、わかめ、もずくなどの海藻類はカロリーも低く、あっさりとして食べやすいので妊娠初期のつわりの時期でもチャレンジできそうですね。煮物やサラダ、お味噌汁など調理法が豊富なので、毎日のご飯にとりいれやすいですよ。

乳製品

妊娠中は、赤ちゃんの骨や歯をつくるためにカルシウムが多く必要になります。牛乳やヨーグルトなどの乳製品は手軽にカルシウムを摂取できるうえ、たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルの5大栄養素も含まれている優れもの。また、ビフィズス菌など善玉菌が含まれているヨーグルトドリンクなどは腸の調子を整えてくれるので便秘気味の妊婦さんにもおすすめです。

プロセスチーズ

プロセスチーズは加熱処理されて作られているのでそのまま食べても問題ありません。ただし塩分が多いので、食べ過ぎると血圧が上がりやすくなり、むくみの原因にもなるので、量や回数に注意しましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です